松乃江(まつのえ)山陰よりお届け。レンジ・湯煎で温めるだけ、簡単おかず(焼き魚・煮魚)の通販サイト

日本伝統の調理法を独自の技術で再現
旨さの秘密は源熟にあり。

源・・・昔ながらの変わらないもの
熟・・・イノベーション(innovation革新)

昔ながらの天日干し、昔ながらの調理法で作った家庭の味。
あの味を、一工程一工程大事にしながら忠実に再現しつつ、将来を見据えた“食”の提供・交流を提案したい。
そんな思いから“源熟®”が誕生しました。

源熟ストーリー

「寒い時に干したカレイの干物はとても美味しい」

これはなぜでしょう。
冬の冷え込みにさらされた素材は、自分の細胞が凍らないように自ら糖度を上げるのです。
このとき、旨味成分であるアミノ酸が増加。 その結果、旨味成分をたっぷり含んだ美味しい干物になるのです。
松乃江はその美味しさに注目し、一年中冬の冷え込みを再現できるように研究開発。
そして、「源熟®」製法が誕生しました。

「源熟®️」の誕生

冷え込みを再現するだけでは、内なる旨味を引き出せても外からの味をつけることはむずかしい。
そのために外部からの刺激を与え、“あの昔ながらの味”を生み出すことが必要でした。
そして、長年の研究の結果“マイナス温度帯技術にプラス温度帯で“熟成”を加えた“源熟®️”が誕生したのです。
源熟Rの大きなポイントは、魚の旨味を引き出す温度管理と時間管理。魚ごとに異なる旨味を引き出すための最適な温度と熟成時間の徹底的した研究です。
源熟Rは、これらのデータを元に素材に合わせた温度と時間で魚の旨味を最大限に引き出しています。

つまり松乃江がお届けする“源熟R”とは、“マイナス温度帯技術+プラスの温度帯による熟成” そして、忘れてはならないのが、“+α(プラスアルファ)”
確固たる技術だけでなく、“おいしいものいつでも皆様へお届けしたい”という50年の研究開発と培った経験、そして一つ一つ手をかけて作り上げようという愛情が味を仕上げています。

松乃江50年の歴史の中で培われた源熟®️を、
ご家庭で是非ご堪能ください。
さらに詳しく

松乃江源熟”旨さのひみつ”4箇条!

その1

50年の経験にもとづいた確かな商品づくり!

その2

マイナス温度帯で旨味たっぷり!

その3

プラス温度帯でじっくり熟成!

その4

こだわりで選び抜いた魚と調味料!

その1 50年の経験にもとづいた確かな商品づくり!

先代・松江秀男、母・ユキから始まり三代に渡って受け継がれている“食”に対する思い、経験。
培われた経験と満足することなく続けられる味の探究。
その確かな経験と研究が今の松乃江の味を支えています。

その2 マイナス温度帯で旨味たっぷり!

マイナス温度帯技術とは、素材が凍る一歩手前の温度の一番おいしい状態を保つ技術のこと。
魚の乾燥・熟成・保管などの過程においてこのマイナス温度帯技術が活躍します。
食品は0℃で凍るのではなく、さらに低い温度または食品それぞれが持つ氷結点で凍ります。0℃からこの氷結点までの温度帯を“氷温®域”と言います。

この氷温域®で細胞は凍るまいとしてアミノ酸や糖を増加させます。このアミノ酸と糖が“旨味成分”なのです。
この旨味成分が増えることで美味しさが増しまろやかさが生まれるのです。
またマイナス温度帯技術で加工された魚は菌が増えにくいため、酸化防止剤・雑菌剤などの添加物を入れなくて良いのです。

その3 プラス温度帯でじっくり熟成!

マイナス温度帯技術で旨みを引き出したあとは“プラスの温度帯”で熟成を行い、調味料を染み込ませさらに魚は美味しくなっていきます。
魚の種類・身の大きさなどにより、調味料に漬け込む時間・調味料の量などは違ってきます。この“最適の時間・調味料の分量”などは松乃江の長年の経験で培われました。

その4 こだわりで選び抜いた魚と調味料!

良い素材選びは松乃江の基本。 魚は旬の美味しい時期や産地を熟知した“目利きのプロ”が仕入れます。

そして、調味料も熟成の大きな味の決め手。塩はミネラルたっぷりの“天日塩”、味噌は添加物など入っていない国産米を原料とした“信州味噌”。お酢は“ままかりの酢”で知られる岡山県のお酢の老舗で、松乃江用に“ブレンド”して頂いたお酢を使用しています。

本当においしいものをお届けしたい。
そして、「食」へのこだわりもお届けしたい。
松乃江の源熟®️で生み出した”食の原点”と”食の今”を
融合させた新しい魚介加工品をぜひお試しください。